値引きについて

車の購入は値引きがあって当たりまえという風潮がありますが、出来ない店もあります。

 

中古車店舗は値引きの余裕があるか?本当に幅がなくて出来ないのか?

 

お店によって様々です。

 

でもやっぱり、

 

できる限り安く購入したいですよね?

 

通用するかはわかりませんがぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

少しでも安く買うために

そもそも車の値段が安くなる状況、値引きの可能性が高まる状況があります!!

 

(これも絡めて値引きに挑むとより効果的です)

 

こちらからサイト内の別ページをご覧ください⇒中古車をお得に購入出来る時期

 

まず初めに

 

序盤で「値引き出来るんですか?」といきなり聞くのはやめておいた方がいいと思います。

 

見積もりも出していない時点で「値引き出来るんですか?」と聞いて「出来ますよ!」と爽やかな返事が返ってくることはほとんどないはずです。

 

値引きあるのかないのか最初に答えを知った上で考えたいという気持ちもあるとは思いますが、

 

「出来ません」「すいません値引きは一切やってないんです」「当店の車は全てワンプライスとなりますので」

 

と言われて突き放される可能性もあるので諸刃の剣だと思ってください。

 

値引き・サービスの話を持ち出すタイミングは商談終盤がいいと思われます。

 

 

値引きを成功するための違和感なく最良の流れは以下です

 

迷っている雰囲気をだす

商談中にあまりにも車が気にいった素振りを見せすぎると「値引きなくても買ってもらえるな」と思われてしまうので、

 

迷っていることがなくても迷っている雰囲気を出しましょう。

 

例:「別のお店の車と迷っている」など

 

そして、値引きについて聞くのは「この車が欲しい!」「候補の一つだ!」と自分の中で意思が固まってから、商談の終盤になってから切り出しましょう
(ポイント2へ)

 

最後まで決めきれない雰囲気をだす

凄く気にいったけれども少し心に引っかかりがあって決めきれないようなニュアンスで切り出す!

 

例:「ちょっと予算オーバーなんですよねぇ」、「別の店の車と迷っているが、別のお店の方が値段は安い・(もしくは)車の状態が良くて値段が変わらない」など

 

ちょっとだけ何かあれば決断できる
という意思をみせせることが重要です

 

値引きの話で「できません」と言われてしまったら...

 

次にサービスの要求をしてみましょう。

 

 

値引きが出来なければサービス攻め

「ナビのデータ更新をサービスしてくれたり何かないですか?」など

 

もしくはディーラーだと点検パック(会員)JAFにも店舗や営業マンの成績目標があるはずなので、この2点は最もサービスしてくれる可能性が高いです。

 

点検パックはその後の維持費が浮くことになるので、それをサービスで付けてくれるのであれば実質割引と同じだけの価値があります。

 

これでも最後まで断固として何もしてくれないのであれば

 

 

 

 

そのスタッフ、そのお店は値引きはしてくれないでしょう・・・

 

しつこく聞いても、「じゃあやめときます」「検討する」と言っても無駄でしょう・・・

 

あんまり粘りすぎて入り浸ると迷惑がられるので注意です。

 

なので自分の判断でそれが本当に欲しい車で、相場から考えた値段・内容を見て問題なければ値引きできなくてもおかしな話ではないので決めましょう!

 

 

検討したいときの注意点

「何もないのならやめときます」
もしくは「今日は決められないので検討します」と言うと

 

「商談中で車を止めることは出来ないのでこの後売れてしまったらすいませんとなってしまいますがよろしいですか?」

 

と後ろ髪をいかれるような注意点をおそらく言われるので、

 

本当に欲しくてたまらないのであればその場で決める決断力も必要です。

 

 

「そうは言っても車なんてそう簡単に売れないだろう」

 

と思うかもしれませんが、意外とすぐ売れるんです。

 

人気のある車に問い合わせは偏ります。

 

あなたが選びに選んで良いと思った車は、他の人にとっても魅力的な車。

 

多くの人の購入候補に入ってくるのです。

 

土日なんかは地方からでも車を買いに行く人が多いので、

 

土曜日に「検討します」と言って帰るのは最も売れてしまう可能性が高いので要注意です。

 

 

・本当に検討したいのであれば日は跨がずに当日中に決める!

 

「昼ご飯食べてくるので考えます」「夕方までには必ず連絡して、契約する場合は伺います」など

 

・平日の間に考え気持ちが固まった時点ですぐに連絡しましょう!

 

売れるリスクを減らすために、検討中の車がフリーになっている状況の間に(土日祝日)が入らないようにしましょう。

 

 

 

店舗の規模によってもありがちな傾向があります

 

大型店舗

大型店舗でお客さんがたくさん来るお店、土日で賑わっているお店の場合。

 

営業スタッフに「基本的に値引きはできません」と言われれば本当にしてくれません。

 

してくれてもちょっとしたサービスだけでしょう。

 

なぜ値引き交渉に乗ってくれないのかと言うと、

 

値引き値引きとしつこい人を対応して必死にならなくともしなくても車を買いにくるお客さんがいると考えているからです。

 

また、中古車市場の相場観は何となくわかっている営業マンであれば、

 

既に安い値段で展示されている車であれば値引きしなくとも購入したい人は沢山いるという事が感覚的にわかっていますので、カマをかけても引っかかることはないでしょう。

 

あまりにしつこかったり文句を言うような人には売る気がなくなり「早く帰ってくれ」くらいに思ってしまうのが営業マンの正直な気持ちです。

 

 

小型店舗

小さな店舗などお客さんがめったに来ないようなお店はじっくりと焦らしながら値引きの話などすればやってくれる可能性は高いです。

 

お店としてもその機会を逃したら次いつお客さんが来るかわからないですからね。

 

 

 

値引き要求をする上での注意

あまりにもしつこく値引き、サービスを要求すると営業マンは

「出来ないって言ってるのにめんどくさいなぁ」

「こんな人に売るの面倒だから早く帰ってくれよ」


「そんなに安いのを買いたいなら他で買ってくれ」

と売る気がすでになくなり迷惑客扱いしているかもしれません。

 

そんな状態では今後の関係は良くなりませんし、知らないところで納車までの整備で手を抜かれたなんて事になっては結局得になりませんので過剰請求には注意しましょう。

 

値引きしないなんておかしいと思うことがそもそも変な話です。

 

コンビニで昼ご飯買うのに値引きしてとか言わないですよね?

 

価格が違い過ぎるなど様々な意見がありますが、同じ様に値付けされてお客様に向けて並んでいる商品だということには変わりありません。

 

あくまでも値引きは販売店が厚意を持ってやってること。

 

もしくは車をどうしても売りたいから利益を削って切り札にだすものですので、値引きしてくれるなら素直に喜ぶくらいの気持ちでいることが気持ちの良い買い物が出来る人だと私は思います。

 

 

次ページ:見積もり内容の確認 〉〉