展示場で実車を見る時のポイント

車の何を見たらいいの?

さぁ!このページではお目当ての車を展示場で見る際のチェックポイントを解説してゆきます!

 

「見るのって外装の傷でしょ?」

 

外装も大切ですがもっとチェックしておきたい部分があるんです!

 

それに試乗が出来なくても乗りこんでエンジンを掛けるくらいはしておきたいですよね。

 

大きな買い物ですので車の購入をする際には、1つずつ確認して納得したうえで話を進めましょう。

 

 

 

外装

 

中古車は傷があるのが当たり前内外装は基本現状渡しなので、ネットの写真で綺麗だったり、話しで状態を聞いても実際に
自分の目で傷・凹みのチェックを必ずしましょう!

 

写真で映らない傷がたくさんある場合もあります。人それぞれ感覚が違うので、状態を話で聞いただけだと違いがあるかもしれません。

 

修復歴など

車の修復歴はないか?交換跡はないか?
しっかりと営業マンに確認しましょう。

 

修復歴とは?

 

車のフレーム・骨格部分(人間でいう骨)に損傷があって修復歴となります。
(ドアなどのパーツ交換や外装の修理では修復歴にはなりません)

 

フレームに損傷があるということは大きな事故、もしくは勢いよく車をぶつけたということ。(いわゆる事故車ですね)

 

修復歴は完全に治すことが出来ないのでプロが見れば事故をしていることはすぐにわかります。ということは修復歴があると車の価値が一気に下がってしまうのです。

 

なので買うときに安くても売るときにも安くなる。また、修復のレベルにもよりますが、細かく言えばフレームの損傷、歪みにより異音や走行性能に関わる可能性があります。

 

神経質な方、細かい方は修復歴車は絶対に購入しないようにしましょう

 

交換跡とは?

 

大きな損傷があり外装パーツを丸ごと交換しているということです。
交換して新しいものになっているので何も問題はありませんが、
プロが見ればわかるので交換したという事実は残ってしまいます。

 

修復歴や交換跡があると値段に影響するのでお買い得に購入出来ますが、
必ず営業マンの説明とデメリットを納得した上で購入しましょう。

 

 

タイヤ

 見落としがちなのがタイヤの状態です。
タイヤの溝が少なかったりヒビ割れている場合、近いうちにタイヤ交換にお金がかかってしまいますので、なるべく新しいタイヤが付いている方がいいですね。

 

また、タイヤの状態があまりにも悪い(車検に通らない)場合は納車までにお店負担で新品に替えてくれる可能性が高いのでお願いしてみましょう。

 

 

 

内装

匂い

 内装で最も気になるのが匂いです。
できればエンジンをかけてエアコンの匂いも確認したいです。
煙草、ペットの匂いなど強烈な匂いは消臭作業をしても消すことは不可能ですのでキツイと感じた場合はやめておいた方がいいです。

 

匂いは温度が高いと出やすいので冬は気にならなかったけど夏になったら「なんか臭い・・」ということもあり得ますので敏感な人は注意が必要です。

 

傷・染み

 シート・カーペットの染み・痛み、プラスチックパーツやダッシュボード上の傷も見ておきましょう。古い車だとスイッチ類の塗装が弱くなりベタベタしているなんてこともあります。

 

装備

 欲しいと思う装備の確認、ナビのスペック確認、地図データの確認。
わからないスイッチなど疑問に思ったことは質問してみましょう。

 

 

車検

車検はいつまで残っているのか?

 車検が多く残っている方がお得なのは間違いないです。

 

しかし、中途半端に半年くらい残っているなんていう車よりかは車検が切れている車の方がお得な場合があります

 

例としては

残り車検が半年であれば、半年後に車検でお金がかかります。
車検が切れている場合は車に乗れないので納車までに車検をやって2年の車検付いた状態となるのが通常です。

 

販売店にもよりますが納車までに車検をやらない車よりもやる車の方が整備料金が多くかかるということはあまりありません。
(自賠責と重量税などの法定費用は車検を通すために多くかかります)

 

よって半年後に通常料金で車検を通すよりも購入したときに車検をやってしまう方がたっぷり2年乗れるため、お得で楽ちんなのです。

 

 

次ページ:車庫証明について 〉〉

スポンサーリンク